超高速バッチ処理

超高速バッチ処理

超高速バッチ処理の必要性、バッチ処理の課題について説明し、超高速バッチ処理を実現できる製品紹介します。

超高速バッチ処理とは

サーバー、データセンター

システムで取り扱うデータ量は年々増加し続け、バッチ処理の高速化が必要となりました。そして、ビッグデータの登場により取り扱うデータ量は爆発的に増え、超高速バッチ処理が必要な時代となりました。CPU性能やディスク性能の向上により、最新のハードウェアに置き換えるだけでもバッチ処理の高速化は望めますが、数千万件を超えるようなビッグデータを数ミリ秒という単位で処理を実現するためには、インメモリ技術やHadoopに代表される分散処理技術を用いた超高速バッチ処理が必要となります。

関連記事:バッチ処理に関する記事はこちら

バッチ処理の課題

システムの課題

バッチ処理は企業における業務の根幹であるにもかかわらず、多くの企業が生産性の低下・処理時間の増大・属人化・障害の多発・品質の劣化といった課題を抱えています。さらに少子高齢化による労働人口減少から「働き方改革」などの外部要因の対応にも追われています。

具体的には以下のような課題があります。

  • データ量の増加に伴い、処理時間が長期化している
  • 夜間バッチ処理が遅く、業務開始時間に間に合わない
  • DBへのバッチ処理の負荷が高く、他の処理に影響が出ている
  • レガシーマイグレーションを計画しているが、バッチ処理の性能維持が難しい
  • Hadoopによるバッチ処理高速化を検討しているが、開発運用ノウハウが無い

見える課題は様々ですが、対応方針として共通して言えるのは「属人化を防ぐためにもできる限りシンプルな仕組みで超高速バッチ処理を実現したい」ということです。

関連記事:夜間バッチ処理に関する記事はこちら

インメモリ型超高速データ処理システム「SOFIT Super REALISM」

メモリ

インメモリデータベースやHadoopを用いたシステムを導入するためには、高度な専門技術と長い開発期間(半年から1年)が必要となります。高度な専門技術は属人化を招くことになりますし、開発期間が長ければ長いほど投資費用もかかります。さらには、時代の流れは早く、1年後にシステムができあがっても時間と費用を掛けてせっかく作り上げた仕組みも1年後では効果が少なくなります。

弊社の提供するインメモリ型超高速データ処理システム「SOFIT Super REALISM」は、「Excel感覚で最大20億行のテキストデータを超高速に処理」を実現したシステムです。ノンプログラミングで直感的にビッグデータを処理できるため、Hadoopのような高度な専門知識を必要とせず、Excelでデータ処理を経験されている方であれば2時間程度の講習を受けていただくだけで、Excelでは取り扱えないビッグデータを処理していただくことが可能であり、処理したいデータをテキスト形式でご準備いただければ、すぐに処理していただくことが可能です。

関連サイト:超高速データ処理システム「SOFIT Super REALISM」

データ整備サービス

データ整備、レポート

弊社では、「SOFIT Super REALISM」を利用した「データ整備サービス」を提供しています。お客様にご準備いただいた「テーブル編集仕様」に基づいたデータ整備を実施するサービスです。詳しくはホームページをご覧ください。

前の記事

非定型処理

次の記事

仮説・検証処理