属人性排除

属人性排除

特定の人しか判らないものをなくし、誰もが分かるようにすること。

属人性排除とは

マニュアル化できない仕事

属人性排除とは、仕事が特定の人に依存しないで、誰もが一定の時間で仕事できるように、複数人で作業手順を標準化し、マニュアルを作り、仕事ではなく作業にすること。
同じことを繰り返すような仕事、マニュアル化できそうな仕事の場合は、システム化またはRPA(Robotic Process Automation:ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用すれば、「誰でもできる」「誰がやっても同じ」になる。

属人性排除の効果

知識の整理、蓄積

標準化し、マニュアルを複数人で作成すると、他の人が目にすることで、担当者では気づけなかった問題点や改善点が見つかりやすくなる。また、改訂を重ねることにより知識の蓄積となり、作業を新入社員、他部署からの社員に、容易に引継ぎできるようになる。

属人性排除の弊害(システム開発の場合)

プロジェクト管理

業務知識がないシステム開発をしなければならない(システム全体像を描ける人材が枯渇した)現在、システム開発における「企画、分析、設計、プログラム、テスト、本番、保守・維持管理」は、マニュアル通りにできる仕事ではなく、新しい技術は日進月歩で、取り入れないと、作らなくてもよいプログラム、やらなくてもよいテストを実施し、無駄な費用と時間をかけてしまいます。新しい技術を取り入れるには、創造性が必要で、個人の能力によってシステム開発プロジェクトは、大きな差が生まれてしまいます。

属人性排除の考え方(システム開発の場合)

システム開発

システム開発開始時に、旧来のように、システム開発要件が詳細にまで決められない(かなり柔軟)うえに、仕様変更が日常茶飯事な為に、標準化された規則に従って、仕事するのではなく、最低限の規則は決めておくが、個人がそれぞれに創意工夫して得たノウハウをプロジェクトで共有(新しい属人性)しながらすすめ、個人の優れた能力を生かし、モチベーションを上げながら、よりよいシステム開発を実施する。

データ整備サービスの詳細

データ整備、レポート

データ整備サービスでは「データ確認」と「データ整備」を繰り返し、データ活用の課題解決をお手伝いいたします。

Step1 データ確認(データ確認レポート):データ項目毎の「最小値、最大値、最小件数、最大件数、最小桁数、最大桁数」をレポートで確認

CSVファイルとテーブル仕様をお預かりし、データ確認レポートを短期間(最短2日)で作成いたします。
テーブル編集仕様の作成をお客様で行うことが難しい場合は、弊社にて作成サポートも行っていますのでご安心ください。

Step2 データ整備:テーブル編集仕様をもとに、新たなデータを作成

いただいたテーブル編集仕様を元に、お預かりしているCSVファイルを整備・加工して、短期間(最短4日)でCSVファイルをお返しいたします。

Step3 データ再確認(データ確認レポート):新たなデータ項目毎の「最小値、最大値、最小件数、最大件数、最小桁数、最大桁数」をレポートで確認

データ整備が終わった後のCSVファイルがテーブル編集仕様に沿ったデータであることを、データ確認レポートによって確認いたします。
もしER図をいただくことができれば、テーブル間整合性レポートの作成も合わせていたします。

前の記事

トレーサビリティ

次の記事

異常値排除