デジタルトランスフォーメーション

デジタルトランスフォーメーション(DX)

DX(Digital X(Trans:Transformation))とは、進化し続けるテクノロジーが人々の生活を豊かにしていく

デジタルトランスフォーメーションとは

Change(チェンジ)

DXとは、言い換えると

  • 全ての人々の暮らしをデジタル技術で改革していくこと。
  • 進化したデジタル技術を浸透させることで人々の生活をより良いものへと変革すること。
  • 既存の価値観や枠組みを根底から覆すような革新的なイノベーションをもたらすもの。
  • ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる。

DX推進には、デジタイゼーション(Digitization)を実施し、デジタライゼーション(Digitalization)を推進することが前提。

  • デジタイゼーション:アナログ情報をデジタル化すること
  • デジタライゼーション:デジタイゼーションでデジタル化したデータを利用して、業務効率化をはかり既存のビジネス(事業)を効率化する。
  • DX:デジタライゼーション実施後、ビジネス(事業)の変革や、新規ビジネス(事業)に取組む。

2018年経済産業省が、日本で定義した企業にとってのDXとは

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。それによって企業として安定した収益を得られるような仕組みを作ること。

2025年の崖

複雑化、老朽化、ブラックボックス化した既存システムを2025年までにシステムを刷新しないと、レガシーシステムに多くのコストや人的リソースが費やされ、新しいデジタル技術などにIT予算などの資源を投資(DX推進)できずに、企業のグローバル競争力を低下させて、2025年~30年の間に最大12兆円の経済損失が生じる。

DX推進の新しいデジタル技術には

AI(Artificial Intelligence:人工知能)、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)、5G(第5世代移動通信システム)、クラウド、モバイル、マイクロサービス(microservices)

  • 5G:高速大容量、高信頼、低遅延通信、多数同時接続。
  • 5Gで実現:ライブ通信(4K・8K)、VR・AR体験、機器の遠隔技術、自動運転、IoT、働き方改革。
  • マイクロサービス:複数の規模の小さなサービスを組み合わせてひとつの大きなアプリケーションを構成する、ソフトウェア開発の技法。

関連記事:デジタルトランスフォーメーションに関する活用シーンはこちら

データ整備サービスの詳細

データ整備、レポート

データ整備サービスでは「データ確認」と「データ整備」を繰り返し、データ活用の課題解決をお手伝いいたします。

Step1 データ確認(データ確認レポート):データ項目毎の「最小値、最大値、最小件数、最大件数、最小桁数、最大桁数」をレポートで確認

CSVファイルとテーブル仕様をお預かりし、データ確認レポートを短期間(最短2日)で作成いたします。
テーブル編集仕様の作成をお客様で行うことが難しい場合は、弊社にて作成サポートも行っていますのでご安心ください。

Step2 データ整備:テーブル編集仕様をもとに、新たなデータを作成

いただいたテーブル編集仕様を元に、お預かりしているCSVファイルを整備・加工して、短期間(最短4日)でCSVファイルをお返しいたします。

Step3 データ再確認(データ確認レポート):新たなデータ項目毎の「最小値、最大値、最小件数、最大件数、最小桁数、最大桁数」をレポートで確認

データ整備が終わった後のCSVファイルがテーブル編集仕様に沿ったデータであることを、データ確認レポートによって確認いたします。
もしER図をいただくことができれば、テーブル間整合性レポートの作成も合わせていたします。

関連動画:デジタライゼーション

前の記事

閾値設定

次の記事

教師データ準備