失敗しないデータ移行

失敗しないデータ移行

DX推進に向け多くの企業がシステムのモダナイゼーションを検討されています。しかし、軽視されがちなデータ移行で失敗すると元も子もありません。データ移行に失敗しないためにはどうすれば良いのか。

データ移行は失敗するもの

データ移行は失敗するもの

2025年の崖を乗り越えDXを実現するためにシステムのマイグレーションを検討されている企業が多くあります。マイグレーションでは、どうしてもシステム更改後の業務改革やそれに見合うシステムの機能に目が行き、データ移行が軽視(後回し)されがちになります。システムを担当するベンダーから「データ移行はお客様の作業です」と言われ、「はい、わかりました」と安易に考えることが、データ移行に失敗する第一歩かもしれません。現実では、データ移行がマイグレーション全体工数の35~40%を占め、8割以上が移行トラブルを経験していると言われています。データ移行が失敗するとせっかく刷新したシステムも利用することができません。DX実現が遠のくことになります。

データ移行を失敗しないために

データ移行を失敗しないために

では、データ移行を失敗しないためにはどうすれば良いのか。まずは、データ移行計画をしっかり立案して望むことが大切です。そして、最も重要なポイントは移行仕様を決める前に、移行対象となるテーブルの内容(どの項目にどのような値が入っているのか)を把握するということです。これは、データ移行の規模にかかわらず、時間をかけてでも必ず実行すべき事項です。(詳しくは「データ移行」をお読みください)
また、データ移行処理時間も大きなポイントの一つとなります。例えば、移行リハーサルによりデータ移行時間は5時間ということがわかっていたとします。本番移行処理において不測の事態が発生すれば、原因究明し対処を実施していると、再処理を行う時間は無く、本番移行の再スケジューリングとなってしまいます。DX推進においては、処理スピードが重要であり数十分で移行処理が終えられるようにする(不測の事態に対しても再処理可能にする)ことが望ましいと言えます。
さらに、新システムをスクラッチ開発する場合には、データ移行前に旧テーブル群から新テーブル群へのデータ配置が適切か確認することも必要になります。これは、新システムで想定通りのレスポンスを得ることができるか確認を行うことが目的となります。

関連記事:データ移行に関する記事はこちら

データ移行の成功、そしてDX実現へ

データ移行の成功

そこで、様々なデータから「必要な情報を抽出し、必要な形にする」データ活用(データ整備/加工)を瞬時に実現できる超高速データ処理システム「SOFIT Super REALISM」を利用することで、安心安全なデータ移行を実現できます。

  1. 本番データの確認を短期間で実現(事例:従来手法では6ヶ月かかったところを0.5ヶ月で実現)
  2. 本番データでの処理作成により移行ツール構築時間削減を実現
  3. 移行後データの確認により大幅な品質向上を実現
  4. 超高速処理により余裕のある移行スケジュールを実現(緊急対応可能)

データ移行の成功が、DX実現への第一歩です。

関連記事:データ移行(マイグレーション)に関する活用シーンはこちら
関連記事:データ移行(ERPシステム)に関する活用シーンはこちら
関連サイト:超高速データ処理システム「SOFIT Super REALISM」

関連動画:5分でわかるSOFIT Super REALISM