大福帳データ処理

大福帳データ処理

大福帳とは

大福帳とは、顧客に「いつ、どこで、何を、いくつ、いくらで」売った記録が、時系列化された顧客データです。

大福帳データとは

大福帳データは、明細データ(トランザクションデータ)に、各種マスタの項目内容を加えたデータです。
・流通業の明細データ:誰が(顧客番号)、いつ(年月日)、どこで(店舗番号)、何を(商品番号)、いくつ(数量)、いくらで(金額)
誰が:顧客番号+顧客マスタ(項目内容)
いつ:年月日+日付けマスタ(項目内容)
どこで:店舗番号+店舗マスタ(項目内容)
何を:商品番号+商品マスタ(項目内容)
いくつ:数量
いくらで:金額(商品マスタの上代×数量)

各種マスタの項目内容

流通業のマスタ:顧客マスタ、日付マスタ、店舗マスタ、商品マスタ、仕入先マスタ
顧客マスタ:顧客番号、氏名、生年月日、電話番号、E-mail、郵便番号、住所
日付マスタ:西暦年月日、稼働日、休日、記念日
店舗マスタ:店舗番号、店舗名、電話番号、E-mail、郵便番号、住所
商品マスタ:商品番号、商品名、大分類、中分類、小分類、上代、下代、仕入先番号(仕入先マスタ)、論理在庫数、実在庫数、発注点、棚卸数、保管場所
仕入先マスタ:仕入先番号、仕入先名、電話番号、E-mail、郵便番号、住所

大福帳データ処理の利点

大福帳データ(検索、抽出、集計時の項目が全て用意されている)で蓄積することにより、企業活動の透明度が向上し、利点や問題点の発見・追跡が容易に早く処理できる。

データ整備サービスの詳細

データ整備サービスでは「データ確認」と「データ整備」を繰り返し、データ活用の課題解決をお手伝いいたします。

Step1 データ確認(データ確認レポート):データ項目毎の「最小値、最大値、最小件数、最大件数、最小桁数、最大桁数」をレポートで確認

CSVファイルとテーブル仕様をお預かりし、データ確認レポートを短期間(最短2日)で作成いたします。
テーブル編集仕様の作成をお客様で行うことが難しい場合は、弊社にて作成サポートも行っていますのでご安心ください。

Step2 データ整備:テーブル編集仕様をもとに、新たなデータを作成

いただいたテーブル編集仕様を元に、お預かりしているCSVファイルを整備・加工して、短期間(最短4日)でCSVファイルをお返しいたします。

Step3 データ再確認(データ確認レポート):新たなデータ項目毎の「最小値、最大値、最小件数、最大件数、最小桁数、最大桁数」をレポートで確認

データ整備が終わった後のCSVファイルがテーブル編集仕様に沿ったデータであることを、データ確認レポートによって確認いたします。
もしER図をいただくことができれば、テーブル間整合性レポートの作成も合わせていたします。

前の記事

コード名寄せ

次の記事

アドホック処理